学習塾の必要性

学習塾に通う子どもは年々増え続けているそうです。
中学生では7割以上が学習塾に通っているとも言われていますが、
そもそも学習塾に通う必要性はあるのでしょうか。
これはそれぞれの子どもによっても異なってきますが、
学習塾に通うことのメリットを考えてみると
その必要性があるのかないのかは、判断できるのではないでしょうか。

公立の学校の授業は基本として
クラス全体が平均的に勉強を学ぶことが出来る授業内容になっています。
つまり、勉強が苦手という子供も同じ授業を受けるわけですから、
結果的に学習内容が把握できないのに授業が進んでいくことになります。
学習塾に通うことで
この学習内容の把握を行うことが出来るようになるメリットがあります。
学校の授業内容は理解でき、さらに高度な勉強をしたいという場合には、
やはり学習塾でさらに高度な授業を受けることもできます。
これによってさらに専門性のある学習をすることも
できるようになるというメリットもあります。

ただし、学習塾にはデメリットもあります。
学校で勉強をしてさらに学習塾に通うという
時間的な拘束が増えるということです。
学力格差の是正をするという意味では学習塾にはメリットが高い反面、
子どもたちの自由な時間が減るというデメリットもありますので、
それを踏まえて必要かどうかを判断すると良いと思います。