学習塾と家庭教師

学校の授業を補完する、学力格差の是正をするという意味では
学校以外の授業として学習塾に通うか
家庭教師を派遣してもらい自宅学習を行うか・・・
という方法があると思います。
学習塾にも家庭教師にもそれぞれに良い面悪い面があります
例えば学習塾は学習塾に通うということで
切り替えをしっかり行うことが出来ますし、
周りが一緒に勉強をするということで
やる気を起こさせるという効果も期待できます。

一方で学習塾に通う通学時間が必要ですし、
自分の都合に合わせた時間帯での授業が受けられるわけではありません。

家庭教師は自分が好きな時間帯に自宅で個別の授業を受けることが出来ますので、
自分の学力に応じた授業を受けることができます。
人目を気にせずに分からないことは分からないということが出来ますし、
質問にもすぐに答えてもらうことが出来ます。
通学時間もありませんから、
時間を有効的に利用することが出来るというメリットもあります。

しかし、切り替えという意味では環境が変わるわけではありませんから
やや難しい場合もありますし、周りには他に興味を持つものがあり
どうしても目移りしてしまうこともあるかもしれません。

どちらが優れているということはありませんが、
子どもによって学習塾と家庭教師を使い分けることも必要かもしれませんね